So-net無料ブログ作成
検索選択

東京都美術館バルテュス展:20140420 [絵画]

じぶんだけの感覚かもしれませんが、綺麗と美とは違うかな、特に芸術に関して。

綺麗は形が整い、見ていると心地よさを感じるもの。

P6047126-12.jpg

美はもっと複雑で、
色々なものがごちゃごちゃに混じり合っている感情のカオス、
心地よさも、ときめきも、静けさも、暖かさも、それだけではなくて、醜さや忌み嫌うべきものも、不安も、恐れもetc etc・・・が混じり合っている中から、
ごく一握りの特別に選ばれた人によって、それが必然であるかのように抽出されたもの。

それが結実した作品には美が宿っています。

P4202108-12.jpg

アーティストが内面的必然性によって抽出した作品と出会うと、じぶんたちは作品に宿ったそれらを感じることになりますが、たぶん綺麗という感情の幅はそれ程は大きくないと思うのですが、美の方はかなり広い。

ある人は美しいと感じるものも、ある人はただ不安を感じるものでしかないなどということも。

P4202109-12.jpg

前置きが長くなってしまいましたが、
4月20日(日)、東京都立美術館で開催中の(6月22日迄)バルテュス展に行ってきました。

P4202117-12.jpg

初日マニアの自分としては初日である19日に行きたかったのですが、土曜日は用事があってどうしても行けず、二日目の
20日になったもの。

展覧会が始ったばかりだったからでしょうか?  
開館9時半に合わせていきましたが、写真の通りとても空いていて、リュカさんに教えて頂いてから楽しみにしていたバルテュスの作品たちに、ゆっくりと会ってくることができました。

≪夢見るテレーズ 1938年 150×130 メトロポリタン美術館≫
P6047096-12.jpg

1908年生まれで2001年に亡くなったバルテュス、かのピカソに「20世紀最後の巨匠」と評されたそうですが、ピカソのように、作品は同じ画家が描いたものなのかな? と思うほど画風にはバリエーションが多いと思いました。

≪決して来ない時 1949年 97.7×84.4 フランシス・リーマン・レープ・アート・センター≫
P6047108-12.jpg

その中でも主題というか扱われている多くの物は、駅貼りのポスター≪夢見るテレーズ≫の中にもに画かれている少女と猫。

特に少女は、バルテュスが生涯最も関心を持ったモチーフ。それは、絵画的にも私的にもそうであったようです。

≪美しい日々 1944年-1946年 148×199 ハーシュホーン博物館と彫刻の庭≫
P6047101-12.jpg

シャシー時代のモデルであり同居していた義理の姪のフレデリック、後に結婚する出井節子さん、ともにバルテュスとは30歳ほど離れていて、親子くらいの年の差です。

義理の姪と二人っきりで住んでいたことも、肩がはだけて胸があらわになった、または脚を無防備に開いた大人でない少女を描くことも、タブーを犯すようなスキャンダラスなことだったんだろうと思います。

なぜ、バルテュス?


この絵はとても印象に残りました。斉藤真一の津軽じょんがら節のポスター等、瞽女を思い出しました。
≪朱色の机と日本の女 1967年-1976年 145×192 ニューヨーク、ブレント・R・ハリス・コレクション≫
P6047113-12.jpg

展覧会を見てきて、なんだかすっきりしませんでした。

良かったのか? そうではなかったのか? こころの奥底をざらっとした感触のするものでなでられたようにも、何か今まで感じたことのない光るものを見たような感じにも思えていました。


そんな中で、「すとん」と良い絵だなと胸に収まったのは、シャシー時代の風景画たち。

明るくて広がりがあって素敵な絵たちです。前景のうわっと指を伸ばしたような? 木が良いですね。

≪樹のある大きな風景(シャシーの農家の中庭) 1960年 130.5×162 パリ、ポンピドゥー・センター、国立近代美術館≫
P6047104-12.jpg

それからこの肖像画もとても良かったです。

画家アンリ・マチスの孫娘のジャクリーンを描いた肖像画。マルセル・デュシャン夫人が購入したものだとか。

全体のブルーの色彩、ジャクリーヌがとっても可愛いです。

≪ジャクリーヌ・マティスの肖像 1947年 100×80.6 個人蔵≫
P6047115-12.jpg

空いていてゆっくりと鑑賞することがてきました。

でも、なぜ バルテュス? と思っていて、ブログにも書くことができませんでした。

P4202120-12.jpg

テレビでも2つのバルテュスの番組を見ました。

BSプレミアム「バルテュスと彼女たちの関係」
日曜美術館「バルテュス 5つのアトリエ」

P5186843-12.jpg

図録でも読み、二つの番組を見ることで、バルテュスの人となり、人生等を展覧会の時よりも良く知ることができました。

P5186841-12.jpg

6月7日(土)からは、三菱一号館美術館で「バルテュス 最後の写真―密室の対話」展が開催されます。
バルテュスは、晩年に手の自由がきかなくなると、絵筆をポラロイドカメラに持ち替えて、デッサンに代えてモデルを撮影したとのこと。遺作を画くために撮られた写真も含み、日本で最初の公開なのだそうです。

気になって仕方のないバルテュス、こちらも是非、見に行かねばと思っています。

P5186898-12.jpg

少女から大人の女性へと変る一瞬の刹那の光。

光を愛し、死ぬまで、アトリエに差し込む光にまでこだわったバルテュス。

外光と共に、終生追い続けた少女の体内から発せられる一瞬の刹那の光。

バルテュスのような絵画と向かった時、タブーとか倫理とかコモンセンスとか、そういうものは忘れ去って、
純粋にただ純粋に絵と向き合わなければ、その美には会うことができないのだなと、なんとなくですが少しだけ自分なりに思えるようになってきました。

P6047117-12.jpg

人間には、男と女がいます。

村上春樹さんの「女のいない男たち」を読んだ時にも思いましたが、女性の方はバルテュスの作品を見られて、どう思われるのでしょう?

少女から大人になる時の刹那の美・・・って、男性には分かる気がするのです。
我が国にも源氏物語の紫の上みたいなこともあります。

ぼくら男性と同じように女性の皆さんもバルテュスの作品を見るとき思うのでしょうか?


この一週間ほど、喉が痛くて鼻もおかしく、気が付くと高熱を出していました。久しぶりに会社も休みました。
フーフー言っていましたが、少し熱がひけば色々と考えるには良い時間。まとめて何冊か本も読みました。

アルコールも久しぶりに一週間近く抜けたし、体重も3kgほど減です。

たまには、熱を出すのも良いかも (笑)

" 2014/04/20 Retrospective Balthus "
nice!(118)  コメント(50)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 118

コメント 50

リュカ

やっと記事にできたという感じでしょうか^^
そこまで深くいろいろ考えられたのですね−。紹介して良かったですww
私がバルテュスを知ったのは20年前。正直まだ子供でした(笑)
なんとなく自分と重なる部分があるような、そんな印象を持ちました。少女の生意気そうな表情が気に入りましたよ^^
少女から大人に・・・でもね、ほんとは少女はもとから気持ちは大人なんだと私は思います(笑)
それを画家はどんなふうに表現するか、人それぞれで面白いですね^^

体調くずしていたのですねー。もう完治しましたか??
by リュカ (2014-06-05 19:00) 

アールグレイ

バルテュスの絵画、初めて目にすると思います。
斬新さとタブー感に迫るような印象を受けました。
色づかいは、とても素敵ですね。
少女は、可憐でもあり、でも大人の部分も持ち合わせているのでしょうね。
体調は、良くなりましたか。
お大事になさってください。
by アールグレイ (2014-06-05 20:48) 

ake_i

芸術家の残したものを感じて、何かが凄く沸々したりとどまったりすることがありますね。
私も同じです。そういうときは静かにしています。
mozさんは本当に繊細で甘美でどこまでも美しさを追求する感性を高く持っていらっしゃる。
女性が見て感じることと男性とは違いが絶対にあると思いますよ。その答えを求めようとすると性の違いからすれ違いも起こるかもしれませんが。
お身体、大丈夫ですか。もともとスリムでいらっちゃるのにそんなに体重が減ってしまっては・・・・とっても心配です。減った体重は戻ると良いですね♪
by ake_i (2014-06-05 22:38) 

miya_gon

年を取ったんでしょうね、こういうポージングの絵を見ると
それだけで頭にカっと血が上がってしまいます(笑)
”女の子が人前でそんなかっこしたらダメでしょ!”というお母さんの発想^^;
だからこういう絵は見てはいけないものを見てしまったドキドキで
自分の中では処理できないと思います。
バルテュス、初耳の画家さんです。
もう絵から遠のいて何十年にもなるので、感覚が無くなっていますね。
で、実際関東に住んでいてこの絵画展を見に行くか?というと
多分ダメで、行けないと思います。
体調、だいじょうぶでしょうか?そんなに痩せて
羨ましすぎます(笑)
by miya_gon (2014-06-06 05:50) 

ナビパ

刹那 難しいテーマですね。美しい世界はシンプルなもの複雑なもの人それぞれに感じ方も違うのかもしれませんね。
by ナビパ (2014-06-06 06:41) 

hrd

綺麗と美の違い、男と女の違い永遠のテーマでしょうね^^
バルテュスは作家の真相を探りたくなる作品ですね。
by hrd (2014-06-06 07:41) 

takenoko

最近気温の差が激しくなってきました。今日は先日の暑さがどこへ行ったかのような気温になりました。熱がぶり返りませんように・
by takenoko (2014-06-06 07:57) 

さる1号

観に行ったものの未だに奇妙な感覚が残ったままで消化不良状態なのです
そんな状態なのですが惹かれるのもまた事実
三菱一号館美術館に行ってその理由を確かめてこないと
そしてまた悩むのだろうなぁ(笑)
by さる1号 (2014-06-06 08:36) 

Atwight

バルテュスの作品は個性がとてもすごいですよ。
個性というか、生き様というか、人生を通して伝えたかったものが伝わってくるかのようです。
綺麗と美しいの違いは難しいですね。自分は何かメッセージのあるというか、伝えるものがあるというのが美しさかな、、、なんて思っていますが。。。
by Atwight (2014-06-06 14:32) 

hieroh66

風邪の様ですね~! 拗らせ無いようにして下さい。
by hieroh66 (2014-06-06 16:07) 

nicolas

バルテュスは、奥さんの節子さんのほうを先に知りました。
1993年のムートンのラベルを描いた方です。
ご夫婦でムートンのラベルを描いたかたは、バルテュス夫妻だけとか。
少女から女性に移り変わるときの美しさというのは、
私は女子高でしたが、同性の自分でも感じることはありました。
逆に、男性も少年から男性に移り変わるときに同じようなものを感じます。
繊細で、危なっかしい、青いもの、そういうものには、
何か惹かれる魅力が隠されているんだと思います。
by nicolas (2014-06-06 16:19) 

uta

体調大丈夫かな。
3キロ減ると、ぐったりですね。
おだいじにm(__)m
なかなか、挑発的なレディースフェチ!


by uta (2014-06-06 18:48) 

うさ

バルテュス展、官能的とはまた全然違っているし…エロスと呼んでよいのかどうか…という絵を何点か目にしていましたが。mozさんのレポートを読ませていただき、何となく様子がやっとわかってきました(笑)。冒頭に書かれていらっしゃったように「美」って本当に幅が広いような気がします。その美が自分に合うか、合わないかは別として。ジャクリーヌのブルーは私も好きな色だと思いました♪

熱は下がりましたか? も、もしや、バルテュス展を見られたから知恵熱が…?!(笑) お大事になさってくださいね〜〜!!
by うさ (2014-06-07 01:43) 

獏

こんにちは
バルテュス じっくりと鑑賞してみたくなります
人間の複雑さを炙りだしてシンプルに投影してくれるかも。。。
そんな風に思います(^^)
お加減はいかがですか?ちょっと気候がへんてこりんですので
獏も周囲でも風邪を召している人 います
治りかけが大事です~☆(^^)


by (2014-06-07 11:56) 

toshi

一瞬の刹那の光、それが芸術なのかもしれませんね。
多くの絵画を見ると、それぞれ作品によって感じ方が違ってくるのでしょうね。
by toshi (2014-06-07 12:36) 

はなだ雲

バルテュス展のポスター「夢見るテレーズ」を
最初にパッと見たとき、少女のポーズの大胆さに驚いて
なんだこの絵は、ロリコンか?と拒否反応を起こしてしまいましたが
このポスターは、街中のアチコチに貼られてあるので
イヤでも目に入ってくるのですが・・そのうちだんだん見慣れてきて
拒否反応の鎧が取れて、ちゃんとしっかり絵を観れるようになってくると
少女の手や足の角度・構図が面白いなァ、なーんて
チョットは思えるようになってきました^^
  (しょうじき・・洋画はサッパリワカラナクテ 笑)
あっでも「朱色の机と日本の女」は、ひと目で気に入りました~!
by はなだ雲 (2014-06-07 16:04) 

Azumino_Kaku

雨が続きますね。
風邪でしょうか。お大事になさってください。
この絵画展のポスター、気になっていたんです。。
久々に絵を見に行きたくなります。
by Azumino_Kaku (2014-06-07 21:39) 

チョコシナモン

☆コンバンワァ(o´д`o)ノ゙☆ 梅雨に入り気温の変化で体調が悪くなりますネェ。
お大事にしてくださいね。ここにお邪魔すると私はいつになったらのんびり美術館を歩けるのかなって・・・。
by チョコシナモン (2014-06-07 22:55) 

rappi

バルテュスの美、理解するのは難しそうですが、
絵にはすごく惹きつけられます。
決して来ない時 という絵についてだけで、
一週間ぐらい謎解きをしながら楽しめそうです。^^
お体大丈夫ですか?
お大事になさってくださいね。
by rappi (2014-06-08 12:19) 

TaekoLovesParis

mozさん、上手な書きだしですね!こういう結論に持っていったのね、と
思いました。私もバルテュス展、見たのですが、期待とは違ったので、
どうやって記事にしようかなと困ってて。。私も一番好きだったのは、mozさん
同様、「ジャクリーヌ・マチスの肖像」です。ポスターの「夢みるテレーズ」、
これは、これもアリかなと思ったし、着想のユニークさもいいと思ったけど、
その数年後の「決して来ないとき」は私にはNoでした。
最後の部屋にあった篠山紀信が撮影したバルテュスの写真、すてきでしたね。
by TaekoLovesParis (2014-06-08 15:35) 

ばー助

20世紀最後の巨匠バルテュス、知らなかった…
というか、こういう芸術作品を観に行ったことないのです…
ヤバイ、行かねば(^_^;)
by ばー助 (2014-06-08 15:58) 

こういち3

3キロ・・・結構落ちましたね。
暑かったので体調崩されたようですね。
お大事にして下さい。

エロスを感じます・・とコメントしようと思いましてエロスの意味を調べたり
刹那の使い方を調べたりと今回は大変勉強になりました。
by こういち3 (2014-06-08 16:03) 

heroherosr

1週間も飲まなかったとは本当に具合が悪かったのですね。
「夢見るテレーズ」を見るとやっぱりドキッとします。
by heroherosr (2014-06-08 17:45) 

かずのこ

バルテュス展、京都に来るのを楽しみに待っています^^。
by かずのこ (2014-06-09 11:08) 

moz

リュカさん、これ以上遅くなると記憶も薄れてしまうので、スクランブル発進で? とりあえずまとめてみました(まとまっていないけれど)。よく考えたというよりも、混沌としていているっていうのが実際なのかもしれません。展覧会に行って知識欲とかを刺激されることは良くあるのですが、それとも違う感じで、自分なりに理解しようとしていました。ただ、理解の仕方が従来の方法とはきっと違うのだろうな、ということが何となくじぶんなりに分かってきた・・・そんなところです。紹介して頂いてよかったです。ありがとうございました。 m(__)m
男女での見方の差もあるし、きっと年齢での差も、バルテュスの絵画にはあるのではないでしょうか? 生意気そうな表情、何となく分かります 笑
なるほど、少女、子供なのに突然そうでない表情を見せることもありますね。これは少女特有かもしれない。男の子にはきっとないのでしょうね。
他の画家が描いているものがあれば見てみたいと思います。何かお勧めの展覧会があればまた紹介して下さい。お願いします。
久しぶりに高熱を発してしまいました ^^; なんとか、社会復帰しました。ビールも350mlを頂けました。すぐに酔っ払いました 笑
by moz (2014-06-10 05:08) 

moz

アールグレイさん、ぼくもバルテュスの画ははじめてみました。作風も変化しているしバリエーションも色々とある画家だなという感想です。最初は売れなかったようなので、それで余計にスキャンダラスの様なタブーをわざとおかす様な、そんな画を描いたのかもしれません。実際、生活を知れば知るほど、興味が沸いてきて画を見たくなる・・・そんなところもあるんだと思います。光をとても重要視していた画家さんなので素敵な色彩ですよね。そうですね、子供なのに大人の部分が隠れていて何かスイッチが入るとそれを垣間見せる、そんなところがあるのかもしれませんね。
ご心配頂きありがとうございます。おかげさまで体調はビールも飲めるまで回復しました 笑
by moz (2014-06-10 05:08) 

moz

ake-iさん、普通はこんな風にはならないのですが、どうも今まで経験してきた作品とは違うみたいです。違うところで見ないといけないのかなって思いはじめています。ここに至るまでは静かに寝かせて起きました 笑
いえいえ、そんなことは絶対にないので、誤解です ^^; 美を追求する感性なんて、とんでもありません。今回のはただ単に分からないってことからだけでした。
そうですね、特に少女とかをモチーフにしたとき、同じ見方や感じ方ではないのだろうなと思います。そういう作品、普遍性が大きくない作品も芸術かって考えてしまうところもあります。うーん、まだ良く分からない ^^;
ご心配かけて申し訳ありません。軽くなった感じがしたので体重計に乗ったら減っていました。ただ、ビールも飲めるまで回復したので、すぐに元に戻ると思います 笑
by moz (2014-06-10 05:09) 

moz

miya_gonさん、そうですね、それが先ず感じることなんではないかなと、ぼくも思います。駅や人目の付くところにこのポスターがはってあります。
東京都美術館での展覧会のポスターなので誰も何も言いませんが、ただ単にこの画を貼っていたとしたら、きっと教育委員会か何かが騒ぎ出すと思います 笑
ドキドキするこころ、それがあるから芸術だという方もいるのでしょう。芸術、アートの定義はその時代毎でずいぶんと変わってきているし、従来の概念を次々と打ち砕いて新しい芸術が生まれてきたことは理解しているつもりですが、どこまでがそれに含まれるのか?
その辺はとっても難しいと思います。
笑 そんなmiya_gonさんにも見ていただきたいな。ここでお見せしているものとは違う作品も色々とあります。そして、感想が変わらないか? お聞きしてみたいです。
ご心配かけてすいません。
もう、うん十年? 体重はあまり変わっていないのですが、やはり、熱を出したこととあまり食べられなかったことと、アルコールを飲まなかったこととてで減ったのだと。
大丈夫です。飲めばすぐに元に戻ります 爆 ^^
by moz (2014-06-10 05:09) 

moz

ナビパさん、美って正に感じるものなので、個人個人で違うものなのでしょうね。
ただ、こういうものって考えることはできるのだと思います
by moz (2014-06-10 05:09) 

moz

hrdさん、やはり永遠のテーマなのでしょうか? 答えは出ないのでしょうか?
バルテュス、人となりや考え方はじぶんなりに理解できたかなって思ってはいます。興味津々の人です。
by moz (2014-06-10 05:10) 

moz

takenokoさん、暑かったと思ったら、20度ちょっとの日もありましたね。どちらに体をあわせたら良いか? 本当に困ってしまいます。 ^^;
ご心配頂きありがとうございます。だいぶ良くなりました。
by moz (2014-06-10 05:11) 

moz

さる1号さん、さる1号さんもなんですね。じぶんと同じ感じなんですね。
そうです、忘れてしまうことはできないし、何か引っかかるものがあるし・・・って。
ぼくも写真を見て何かのヒントをもう少しもらって着たいと思っています。お互い、悩むのでしょうね 笑
by moz (2014-06-10 05:11) 

moz

Atwightさん、個性的、そうですね、バルテュスは個性的だと思います。バルテュスにしか画けないものを画いたと思います。
バルテュスの伝えたかったもの、それをもっと知りたいと思います。
なるほど、メッセージのあるものが美なんですね。それはとても良く理解できます。僕らが何か受け取って感情の上で思いを描くものが美なんですね。 ^^
by moz (2014-06-10 05:12) 

moz

hieroh66さん、ご心配頂きありがとうございます。何とか食べられるし飲めるようにもなりました。 ^^
by moz (2014-06-10 20:07) 

moz

nicolasさん、奥さんの節子さんもアーティストなんですね。それは知りませんでした。ご夫婦では唯一なんてすごいです。 ^^  そのラベルも見てみたいです。
そうですか、同性でも感じる美しさなのですね。男性もそうなんですね。
じぶんはかなーり昔のことになってしまうので良く覚えていませんが、女性の変化って感じていたのかもしれませんが、同性の男子に関してはそういうものは感じなかった? もしくは嫌っていたかもしれません。自分も含めて女性のように美じゃない 笑 
確かに思春期の頃って繊細で、危なっかしさを感じるのかもしれませんね。そして、それらに惹かれるところがあるのかもしれません。 ^^
by moz (2014-06-10 20:07) 

moz

utaっち、心配してくれてありがとう。もう、ビールも飲めるし大丈夫だよ。
最初はふらふらしていたけれど、少しずつ戻ると思います。 ^^
バルテュス、なかなか挑発的だよね。
by moz (2014-06-10 20:08) 

moz

うささん、官能的とかエロスとか? きっとそんな感じではないのだろうなってじぶんも思います。ぴったりとした言葉が見つからないって感じです。
美ってとても幅が広いし、新しいものが増えてくるのだろうな。概念は生きていて変わっていくものなのだと思います。
バルテュスらしい少女の画は未だ消化し切れていませんが、風景画やこのジャクリーヌの肖像画は素敵な画だと思いました。うささんもなんですね。

なるほど、バルテュス熱だったのかぁ~ 笑 知恵熱だったのかもしれないですね。
ありがとうございます。体調は大分良くなりました。 m(__)m
by moz (2014-06-10 20:08) 

moz

獏さん、こんばんは。
22日まで東京都美術館で開催されています。獏さんもぜひ。 ^^
なるほど、複雑さをあぶりだしてシンプルに投影したものって、上手い表現ですね。色々とごちゃごちゃしているカオスの中から、取り出して表現しているのですね。
ご心配かけてすいません。体調は大分良くなりました。少しずつ元に戻していきます。
by moz (2014-06-10 20:09) 

moz

toshiさん、一瞬の刹那の光を捉えて永遠のものにしてしまうのでしょうね。
絵もたくさんあって、画家によっても、また同じ画家でも作品によって色々なバリエーションがあるので楽しいです。 ^^
by moz (2014-06-10 20:09) 

moz

はなだ雲さん、ふつーにこの画を街に貼ったら、あちらこちらで拒否反応だと思います。教育委員会とかお堅い方たちからの猛攻撃があると思います。でも、展覧会の作品だというと、見方が変わりますね。芸術だと評価されるとそれで見方が変わり地位が確立されるような感じがします。これも面白いことですね。
なるほど、拒否反応の鎧って良く分かります。最初から拒否してしまうと話も何もできないから理解不能になります。じぶんもはじめはきっとそうだったんだろうなと。やはりはなだ雲さんと同じに、少しずつなれてきて、少しずつ近くによれるようになってきたのかなと。はなだ雲さんは洋画ではなくて日本画なのですね。じぶんも日本画も好きです。
「朱色の机と日本の女」はもろ日本画の世界ですね。バリュテスは一本の線で女性を表す日本画はすごいって言っていたそうです。日本人を描くのにかなりの苦労をしたとかです。
by moz (2014-06-10 20:10) 

moz

Azumino_Kakuさん、本当によく降りますね、今年の雨。ニュースではこの何日間で梅雨の時期の全体の降水量に立ったしところもあるとか @@;
ご心配頂きありがとうございます。体調は大分戻りました。もう少しです。
駅とかにたくさん貼ってありますよね。6月22日まで開催しています。その後、京都でも開催されるようです。機会があれば、ぜひぜひ。
by moz (2014-06-10 20:10) 

moz

チョコシナモンさん、こんばんは。 ^^
ご心配をお掛けして申し訳ありません。疲れていたのか? 何か悪いバイキンでも連れてきてしまったのか? 久しぶりの大熱でしたが、もう大丈夫です。
じぶんは、今年はあまり見にはいけていないです。でも、たまーに見たくなる時があって出かけてしまいます。チョコシナモンさんも、ぜひ。絵もたまには良いと思います。 ^^
by moz (2014-06-10 20:10) 

moz

rappiさん、お書きいただいたのを見せていただいて、理解するのは違うのかもしれないなと思いました。惹きつけられるとか好きだとか、きっとそういうことが絵等と接する時の本当のところなんではないかなって思えて来ました。
決しいて来ない時も不思議な絵です。一週間くらいは・・ですね ^^
ありがとうございます。大分、体調は良くなりました。
by moz (2014-06-10 20:11) 

moz

TaekoLovesParisさん、前に書いていただいた「大きな山」とか、まだまだ他にもバルテュスには有名な絵があるようですね。今回の展覧会では、あまりにも少女にスポットライトを当て過ぎてしまったのかもしれない・・・。NHK の特集でもそうでしたし、もちろんこれは大きな特徴ではあるのですが。いえいえ、まとまらないのでまとまらないと画きました。上手だなんてことはないです ^^;
TaekoLovesParisさんも「ジャクリーヌ・マチスの肖像」が一番気に入られたのですね。この画、良いですよね。しばらく前にたたずんで見ていました。たぶん、ふつーに画かせてもすごい画家なんだと思います。あと、自分的にはバルテュスの風景画は良いなと思いました。河が流れている絵がありましたよね。あの、河の画き方すごいなと。
はい、展覧会の最後に展示されていた篠山紀信の写真、とっても良かったです。あの最初のところに展示されていたバルテュスの写真、眼光鋭くてすごく印象に残りました。
今回の展覧会では一番かもしれません。 ^^
by moz (2014-06-10 20:11) 

moz

ばー助さん、バルテュス、ピカソいわく、20世紀最後の巨匠だそうです。
普段、日本では見られないと思うので、機会があれば、ぜひぜひ。 ^^
by moz (2014-06-10 20:12) 

moz

こういち3さん、寝込んでいたのは3日間なんですが、その前から調子が悪かったので、量ってみたら3kg減っていました。まあ、飲み始めたしすぐに戻るのではないかと思います ^^;
ご心配頂きありがとうございます。
勉強なんてとんでもないです。じぶんも自己流で使っているところがあるので、間違っていたらすいません。
by moz (2014-06-10 20:12) 

moz

heroherosrさん、そうですね、ここ最近で1週間も飲まなかったのは本当に久しぶりです。なんとなく肌のつやが~笑 飲まずにいられたら、それはそれで体には良いのかもしれません。でも、やめられません ^^;
やっぱり、ドキッてしますよね。 笑
by moz (2014-06-10 20:12) 

Inatimy

「チラ見せ」なのが余計になんだか気にかかるのかも。
思い切って裸婦なら、ミロのビーナスなどのギリシャ彫刻とか、
ヴィーナスの誕生の絵画とか、芸術の美として頭で整理がつくのが容易いのだけれど。
誰と見に行こう、1人でいくかな、それとも・・・と、一緒に見に行く相手を
間違えないよう考えちゃいますね。 親子で鑑賞できる絵ではないですものね^^;。
by Inatimy (2014-06-11 00:30) 

moz

かずのこさん、東京は22日までで、京都では7月5日からみたいですね。
もうちょっと ^^
by moz (2014-06-11 05:11) 

moz

Inatimyさん、遅くなってすいません。バタバタしてます ^^;
そうですね、見せてもらうならパーッが良いです 笑
なんだかこっそりのぞいているようで、じっと見ているのも気恥ずかしかったり。
娘と一緒に行く展覧会ではないかもしれません。もっとも、これも思い過ごしかもしれないですけれど。割と娘は平気だったり 笑
by moz (2014-06-19 06:14) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。