So-net無料ブログ作成

2012年も終わりですね_Windows8&Vermeerショック&Khatia Buniatishvili&E-PL3:20121230 [音楽]

早いものであと2日で2012年もお仕舞い。
年々、一年と言う時間が相対的に短くなっていく気がします。

今年の仕舞いには鎌倉が良いかなぁ~と思っていたのですが、仕事納めの翌日は、ちゃんと大掃除が家で待っていました。
今も足腰が痛くなっていますが、窓と風呂と台所と自分の部屋とetc etc ・・・、それなりの活躍、ビールが美味しかった。

やはり、掃除をせずにカメラをぶら下げて一人で散歩と言う訳には行きませんよね。

今日は家族でちょっと出かけてきます。天気予報は全国的に雨模様ですけれど。


そんな訳で結局、色々なことでお茶を濁しての2012年お仕舞いです。 じぶんらしい?

PC157028-12.jpg

先ずはWindows8 のことです。

家では2台のデスクトップを使っているのですが、そのうちの一台を12月のはじめにwindows8 に入れ替えました。

予約をしておいたので、ヨドバシから10月26日の発売日には届いていたのですが、なかなか時間が取れなくて12月までほったらかしだったもの。 ^^;

PC157041-12.jpg

せっかくOSを入れ替えるので、ついでですから起動ドライブもHDD からSSD (Solid State Drive) に換えてみました。

中をあけるのも久しぶりなので、ちょうど良いお掃除タイム。

PC157051-12.jpg

HDD を外して変わりに秋葉で8,000円くらいだったでしょうか? 東芝のSSD に交換です。
シリアルATA に変わってからドライブ類を交換するのも色んなことを考える必要がなくなり、より簡単になりました。

PC157054-12.jpg

Windows8 は1月末まで限定発売のアップグレード版を買いましたが、確か6,000円位だったかな?
値段も今までのWindows に比べてお安いのですが、何より驚いたのは、アップグレード版なのにフォーマットしたSSD にまっさらでクリーンインストールできてしまったことです。

来月末までですけれど、もう一つこのパッケージの8買っておこうか?

ただ、タブレットとかを非常に意識して作られているWindows8。
インターフェイスが大幅に変わっていて、インストールした当初はとても使い辛かったです。慣れてしまえばそういうものか? と言う感じなのですが。

それと、今までのWindows には必ずあったスタートボタンがないです。
これは使いづらいなぁ~と思いました。マウスのポインターで向かって右上か右下を触ってやるとポップウインドが開き、そこで例えば電源を切る等を操作します。

まあ、裏技的なものはあるのですが、マイクロソフトさん、やっぱりスタートボタンはあった方がよかったと思います。

PC157059-12.jpg

次は展覧会のこと。

2012年、あまり展覧会には行けませんでした。

理由をそれなりに考えてみましたが、どうも今年はフェルメールを見すぎたせいなのではと・・・。

オランダからベルリンから、数多くのフェルメールが来てくれた2012年ですが、そのあまりの素晴らしい作品達に、他の絵が見られなくなってしまったのではと・・・。

今までフェルメールの中ではタンネカがモデルかな? " ミルクを注ぐ女 " が一番好きでしたが、" 真珠の首飾りの少女 " を見てこちらも一番になりました。今のじぶんの中では両方とも一番。

光の魔術師みたいな表現をされるフェルメールですが、その言葉を自分の目で確かめてしまって、しばらくで釘付けになってしまった光たち。なんて静寂で落ち着いていて、優しいのでしょう。究極の、時間を越えた穏やかな輝きがそこにありました。
すごい絵。

" ミルクを注ぐ女 " は展覧会で会ったとき、この絵だけが輝いていてびっくりしたのですが、" 真珠の首飾りの少女 " はとにかく光です。フェルメールの光大好きです。

フェルメールショックから早く抜け出して、来年は新たな目で、こころで、素晴らしい絵たちに会いたいと思っています。
エル・グレコが来るしラファエロも来るのですよね。

P6166034-14.jpg

そして、今年もたくさん買ってしまったCD たち。

HMV さん、お世話になりました。やはり、飲んでサイトを覗くのは危険です・・・ ^^;

PC297067-12.jpg

今年聴いた中で自分なりに気に入ったのは、
メータがウィーンフィルを振ったマーラーの2番。今までどうしてこんなに良い演奏を聴かなかったのかと思いました。

バーンスタインが一番好きですが、マーラーのどろどろした呪縛の面から解き放たれて、それでいて世紀末の脆弱さと絢爛さがない交ぜになったような、そんな感じがひしひしと迫ってくる演奏です。聴くたびに感動。

古い録音のものでも、聴いてみてすごいと思うものがまだまだたくさんあるのだと思いました。


そして、大好きな指揮者のマイケル・ティルソン・トーマスが振ったベートーベンの7番。

すっきりとした爽やかなベートーベンだと思います。モーツアルトの系譜が見えるような透明感の高い演奏。
最終楽章を聴くたびにこちらも感動 !!
ティルソン・トーマスにはぜひとも新しいベートーベン全集を録音して欲しいと思いました。

PC297071-12.jpg

でも、今年の新譜の中で一番気に入ったのはなんと言っても、カティア・ブニアティシヴィリさん。
コンサートまで行きましたが、このChopin のアルバムはとても素晴らしい。
ピリスが好きですが、それとはまた違った弱音の綺麗さです。愛聴版というと言いすぎかも知れませんが、でもそのくらい気にいってます。

最初のワルツもいいですが、最後のマズルカがとってもいいです。

彼女25歳です、これからの活躍を静かに注目していきたいと思います。
このCD に会えたのはビールのおかげ、酔っ払った勢いでした。 ^^;

PC297061-12.jpg

酔っ払って、マウスをクリック・・・。

今年最後は、あまりのお安さにAmazon にてポチッ。

オリンパスのPEN E-PL3 を買ってしまいました。ミラーレスは2代目、PL1sに引き続いてです。

カメラ業界も大変ですね、一年毎に新製品を出して、以前のモデルは一年経つと値段が下がってしまう。
我々消費者は最新のものでなければ、一年待つとほぼ半額でカメラも手に入る。

MZUIKO との互換リングがあるので、こんな風にして写真を撮ってみようと思います。
レンズがでかすぎるだろ~という突込みが、どこかから聴こえるような気もしますが・・・。

PC297072-12.jpg

しめに、
デイバッグもお一つ・・・ポチッとな。

来年はこの中に E-PL3 を入れて写真を撮りに行きたいと思います。ビールを飲みながらのネットは危険・・・。 ^^;

PC297080-12.jpg


2012年最後の記事にしようと思います。

今年も、ぼくの拙いブログに足を運んでいただいて、本当にありがとうございました。

2012年、色々なことがあった年です。じぶんももう若くないぞと、止めを刺されるような悲しい別れもありました。
私的にも苦しいことがたくさん・・・。
でも、この場所でまた他の場所で、皆さんから励まされて何とか乗り越えてこられたんだと思います。

頑張ればなんとかなる、あきらめなければ、なんて今更ながら思った年でもありました。


2013年、フェルメールショックから早く抜け出し、ビールをたくさん飲まずに? 地道に? ブログも続けて行きたいと思います。

本当に2012年、一年間ありがとうございました。

そして、来年もよろしくお願いします。 moz  m(__)m

" 2012/12/30 2012Last etc etc・・・ ^^; "
nice!(110)  コメント(100)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

法事と諏訪湖と恐るべし24日のケーキ屋さん:20121223 [訪れたところ色々]

年末のうれしい3連休。

本来であれば、年賀状を書いたり(少し遅いのかもしれませんが)、大掃除をしたり・・・なのでしょうが、23日、24日と諏訪で法事があり、娘を連れて出かけてきました。

PC230480-12.jpg

法事は23日の11時から。

PC230458-12.jpg

八王子からあずさ1号に乗り、上諏訪で普通電車に乗り換えましたが、あれっ、普通の特急ってこんなに揺れたっけ?
こんなにかわいい車両だったっけ?
それに、ローカル線の普通電車ものんびりとしていて良いものですね。

確か、豊橋まで行く電車だったと思いますが、6時間以上かけてたどり着くとか。

普通電車で、駅弁を食べながらビールでもいただいて、車窓の景色をぼんやりと頬杖。

そんな電車の旅、いつかしてみたい。

PC230466-12.jpg

今年は、寒い。窓の景色を見ていて実感です。

この季節には珍しくところどころ雪も積もっています。

山の景色、低いところに白く雪が積もっていて、葉を落とした木々がまるでモヒカンカットの鶏冠のようでかわいかった 笑 。

PC230446-12.jpg

もちろん、八王子の駅で駅弁を買ってからあずさに乗り込みました。
「深川めし」です。

PC230453-12.jpg

ただ、この前食べたものとは微妙に違いました。
いつものは、アナゴのかば焼きとハゼの甘露煮が入っているのですが、この日頂いたものには甘露煮がありません。
その代り、かなり大きめのアサリが、ご飯の上にゴロゴロと。

2種類の深川めしがあるのかもしれないな・・・、
という訳で調べてみると、以前食べたものはJRCPさんが作ったもので、この日のものはNREさんのものなのだそうです。
パッケージもとてもよく似ていますが、別の駅弁屋さんなのですね。納得。

PC2406171-12.jpg

法事とかでないと、なかなか親戚が一堂に会することはないのですが、

PC240722-12.jpg

この日は、叔父伯母 etc etc・・・を第一世代、ぼくらを二世代とすると、娘たち第三世代を含めて30名ほど集まりました。

PC240737-12.jpg

久しぶりに見る顔、新しい顔?

ちょっと見ない間に、大きくなり過ぎて? 分らなかった子供、改めて月日が流れたのを感じました。

娘も、こんなに親戚がたくさんいたのかと、ちょっとびっくり。

PC240750-12.jpg

法事を無事に済ませて、食事をしてから、伊那市から上諏訪温泉の宿に移動しました。

それからは・・・、大変な一夜で。

年をとってるはずなんですが、
母方のおじ、おば達の元気のよさは(特にアルコールが入ってから・・・ ^^; )、言語を絶するほどで、おとなしく温泉に入って寝ようとしたのですが、地酒の真澄、おじのお土産の四国のすだちの入った日本酒、それもなくなって、焼酎(そのままいわゆるストレートで飲まされました)。

宴会の後の飲み会は延々と続くのでした・・・。

PC240769-12.jpg

みんな年をとりましたが、こうやって飲み始めると昔のまま。30年くらいタイムスリップしたかのよう。

子供の頃の話を延々と・・・、まあ、早い話、頭が上がらない人たちが、まだこんなにたくさんいるということです。
飲みすぎましたが、これはこれで楽しかった。

PC240774-12.jpg

翌日、
眠たかったし、まだ幾分お酒が残っていて二日酔い気味でしたが、朝の諏訪湖を見たくて、カメラだけ連れてホテルを出ました。

PC240779-12.jpg

太陽が昇る前です。

風が吹いていて波立っていて、しばらく湖畔を歩いているとすっかり体が冷え切ってしまいました。指も冷たくなって、でも新しい手袋をはめるととても暖かでした。この季節、写真を撮るにも手袋が必須ですね。

諏訪湖の朝、

向かいの山の後ろに隠れている朝日に反射しているのでしょうか? 、反対側の雲がとても素敵な茜色。
雲が幾つかの層に分かれているかのようで、とても神秘的な色でした。

氷ははってはいなかったけれど、今年は寒いから、きっと「御神渡り」があるのでしょう。その姿も見てみたい。

寒い風の中、カモたちが朝ごはんでしょうか? しきりに岸辺をくちばしで探っていました。冷たくはないのかと心配に。

自分もそろそろ寒さの限界、ホテルに帰ってもう一度温泉に浸かりました。

PC240811-12.jpg

結構忙しかった。でも、娘を親戚たちに会わせることが出来たし、久しぶりの顔、顔。

元気な笑顔を見ることができ、見せることができて良かったです。おじさん、おばさん、いつまでも元気で、それから、少しは酒に弱くなってください・・・ ^^;


帰りのあずさで飲んだコーヒー、熱々で美味しかった。電車に乗っているとぽかぽかと日差し、暖かいのは幸せです。
そして、ついついうとうと。

PC240837-12.jpg

乗り換えて横浜線。

「今日はもしかしてイヴ? 」

「何も用意していないけれど、とりあえずケーキでも買う?」

「うん、食べたい。」

PC241085-12.jpg

横浜駅で降りて、最初は高島屋へ。ケーキ屋さんはどこもすごい行列・・・。真っ直ぐに歩けない状態。
な、なんだ・・・この混雑はーっ!!

「ダメだ、そごうに行こう。」 「どこのケーキが食べたいの?」

「新宿高野さんのフルーツのケーキが食べたい。」

そごうも混雑していました。並んでケーキを手にするまで、およそ30分くらい・・・。
イヴ、24日のケーキ屋さん、恐るべし。

でも、ケーキがないと寂しいですから、とりあえず小さかったですが、夕食の後に新宿高野フルーツさんのケーキを美味しく頂くことができました。


今日は25日です。
昨日、ちゃんとした? クリスマスをしていないので(ツリーも昨日の夜に急いで飾りました・・・ ^^; )、今日は何か買ってこようと思います。
とりあえず、チキンとバゲットだけでも、それから赤ワインかな?

お仕事の方もいるのだと思います、ご苦労様です。それぞれの2012年12月25日、クリスマス、幸せに楽しく過ごしていただけたら良いな。

メリー・クリスマス ♪

PC241089-12.jpg



" 2012/12/23 Naganoken Kamisuwa "
nice!(134)  コメント(80)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

出張報告です_札幌おいしいラーメン&ANA ポケモンジェットラストフライトでした:20121129 [訪れたところ色々]

先月になってしまいましたが、札幌に今年2度目の出張に行ってきました。

ちょうど「爆弾低気圧」の影響で、室蘭とかが停電になったり、千歳空港で70便以上が欠航になったりした翌々日。

後輩の皆さんから、
「行けないのではないですか?」

「行けなくてもお土産待ってます?」  などという暖かい励ましのお言葉?? を頂いて出かけた出張でした・・・ ^^;

PB290466-12.jpg

でも、心配していたことは何にもなく、快適ないつも通りのANA 、優しいキャビンアテンダントさんの笑顔。

PB290528-12.jpg

あっという間に新千歳空港。

そして、快速エアポートライナーで札幌です。

PB290550-12.jpg

雪が残っていましたが、横浜から来た自分でもそれほど滑って困る、という程ではありませんでした。

と言うより、雪の札幌の街を歩くのも慣れてしまいました( どう言う訳か雪の季節に来ることが多いです )。
札幌慣れているかも ^^

好きです、札幌。

PB290566-12.jpg

ぐすさんに出かける前に、札幌のラーメン、どこで食べたらよいかご相談などをしていたのですが・・・。

結局、札幌に降り立つと寒い~。寒くて雪です。

ならば、やっぱりあそこだ !! と、
気が付くと、市営地下鉄南北線に乗っていました。

澄川駅で降りて、「さっぽろ純連」さん。

PB290582-12.jpg

やっぱり雪が降っていれば、ここの味噌ラーメンです。

PB290577-12.jpg

東京でも、高田馬場や恵比寿で食べることはできますが、やはりこの寒さ、この気候、この雪がちらつく中、本店さんで食べる
一杯は何物にも代えがたいです。

この季節に、澄川、さっぽろ純連さんで味噌ラーメンを食べられる幸せ ^^

PB290578-12.jpg

気温、そして湿度、雪がどさっと降る中で生まれた味なのでしょうね。 美味しい!!

食べ物って、音楽と同じで、その気候、自然、人々の暮らしの中で生まれてくるのだと思います。ストラディヴァリオスの音色は乾いた欧州の大気の中で芳しく響く。

食べ物もきっと同じなんだと思います。


札幌で味噌ラーメンを色々と食べましたが、僕が好きなのはやっぱり2軒です、一軒はもちろんここ純連さん。

PB290585-12.jpg

この年ですから、ラーメンを一杯食べればもうお腹いっぱいにはなるのですが、

出張の帰り、

新千歳空港で少し時間があったのでビルの中をぶらぶらとしていると、な、なんと、空港の「ラーメン道場」の中にあのラーメン屋さんが。

PB290588-12.jpg

もう一軒の味噌ラーメン、大好きなあの店がここに出店していました。

白樺山荘さんです。

PB290591-12.jpg

本店にも札幌のラーメン横丁にも行ったことがあります。
本店は、やはり市営地下鉄南北線に乗って南平岸で降りて、すぐのところ。

白樺山荘さん、

ここの味噌ラーメンは、純連さんのものよりあっさりとしていて、それでいてぼくの味覚では? ボキャブラリでは? 表現できないのですが、すご--く美味しいです。

お腹はいっぱいなのですが、でも白樺山荘さんの味噌、食べずに帰る訳にはいきません ^^;

この日、二杯目の味噌ラーメン、飛行機の中でお腹が苦しかったですが・・・、とっても美味しかった。
満足!! ^^v

RIMG0808-12.jpg

もう一つ、この日ではないのですが、

RIMG0803-12.jpg

夏だったかな?

札幌出張の際に、新千歳空港の「ラーメン道場」で頂いた一幻さんのえびしお、とっても美味しかった。

RIMG0805-12.jpg

海老味のラーメン、札幌には3軒気になる店があるのですが、「一幻」さんはその一つ。

期待していた通りのお味でした。 海老味では、自分が頂いた店で一幻さん一番かもしれません。
美味しいラーメンでしたので、書いておきたいと思います。

PB290592-12.jpg

そしてこの日、
仕事は、ちゃんとしてきましたので・・・ ^^;

PB290594-12.jpg

出張の、11月29日の帰りです。

帰りも ANA 。
機長から一言。

「747 ポケモンジェット 最後のフライトです。」

「親しんでいただいたポケモンジェットも今日が最後のフライトです。」

「よろしければ、写真など記念に撮っていただければ」


747、老朽化なのでしょうか?
ポケモンジェット、11月29日、僕が乗ったこのフライトが最後なのでした。

偶然とはいえ、なんだか身が引き締まる思い。 

長年のお勤めご苦労様でした。
君がいなくなると思うと・・・。

出張で何回か乗せてもらったことがあるし、家族で北海道に旅行した時にもお世話になったし、娘は君に乗れたことが今でも話に出るくらいうれしかったみたいです。
いなくなってしまうのですね・・・、ほんとに、ご苦労様。

思いがけない、最後のフライト。 こんなこともあるのですね。最後のフライトに乗ることができたなんて・・・。もちろん、ポケモンジェット・・・しっかりと写真を撮ってきました。バスが行ってしまう・・・、ちょっと危なかった ^^;

ほんとに、747 ポケモンジェット、ご苦労様でした。

" 2012/11/29 Ssapporo Jyunrensan & Shirakabasansosan & pokemonjets "




nice!(140)  コメント(99)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2012年北鎌倉紅葉_円覚寺&東慶寺&Michel Tilson Thomas Beethoven Symphony No.7:20121207 [鎌倉]

京都の秋の色、
素晴らしい東福寺の紅葉色を見てから、とても気になっていました。

PC080771-12.jpg

ただ、
仕事も家のことも色々とあって、休みもなかなか時間が取れなくて(家でビールを飲む暇はあったのですが・・・)、
結果、横須賀線がかなり遠くて・・・。

PC080708-12.jpg

でも、
たぶん今週が北鎌倉の紅葉たちを見る、今年最後の機会になってしまうんだろうな? 。
金曜の夜から相棒たち、E-510 と E-PL1s をデイバッグに押し込んで、枕元に (笑)。

PC084663-12.jpg

ようやく、土曜の朝8時23分、北鎌倉の駅に降り立つことが出来ました。
清々しい晩秋の空気、横浜とはまた違います。

なんとなく、心に引っかかるものがあって北鎌倉に悪い気がして? 足が遠のいていましたが、でもブーツを履いてカメラ達とWalkman を連れて、玄関を一歩踏み出すと、こころは自然に開放的になるものですね。
朝のピュアで少し冷たい空気たちが肩をポンと押してくれます。

やはり、思い切って出かけてみるものです。
うちで、音楽聴いてビールも良いですが、そろそろ活動の時かもしれません(笑)。

PC084655-12.jpg

まだ朝が早いので、人もあまりいません。風が強くて、気温よりもきっと体感温度は低かったのだと思います。手袋が欲しい感じでした。
思わず、掌にふーーっう。

北鎌倉の紅葉といえば、先ずは円覚寺です。

PC080752-12.jpg

まだ時間が9時前なので、こんなに広い円覚寺ですが、流石に朝の光たちはたくさんは届いていません。

それに、紅葉は・・・、やはりちょっと遅かったかな?

いつも撮る居士林前のもみじたちも、既に散った後でした。やはり先週が見頃だったのかもしれません。
ここの紅葉綺麗なのに・・・、残念でした。

PC084606-12.jpg

それでも、名残の円覚寺の紅葉たちと少しですが会えて良かった。

PC080783-12.jpg

方丈の前のミニ紅葉にも会うことが出来ました。
外国の綺麗な女性も僕がカメラを向けていると、一緒にミニ紅葉を一枚。
そして、笑顔のプレゼント。

そう言えば、いつもより、カメラマンが多かったです。皆さん、じぶんと同じで、駆け込みの紅葉狩り?

PC084678-12.jpg

次は東慶事寺へ行きました。
久しぶり。

PC080801-12.jpg

ほぼ一ヶ月ぶりの東慶寺の散歩です。

PC084710-12.jpg

東慶寺の本堂前の紅葉もそろそろ終わりなのでしょうね。光が、まだ太陽が山の向こうに隠れているので、届いていなくて、葉っぱたちも全体にくすんで見えていました。
でも、その代わりと言うと変ですけれど、この日は宝蔵の横の大銀杏の黄色が素晴らしい色。

PC080822-12.jpg

お香を買ったのですが、その時、ショップの方も「銀杏は一番の見頃なんですよ」とおっしゃっていました。

梅の古木と大銀杏の明るい黄色、すごく素敵な取り合わせ。

近づくのがもったいなくて、少しずつ匍匐前進スピードです。
写真も撮らずに太い幹に掌で触ってみると大気は寒いのですが、とても暖かく感じられました。

木の感触って好きです。
太く力強くごつごつとした木でも、触ると優しくて暖かい。
パワーを少し分けてもらえるような感じがします。

PC080850-12.jpg

東慶寺さんの庭の奥は墓地になっています。

文人や有名な方の墓があるところなのですが、大きな樹齢なん百年という木々がたくさんあります。

PC080926-12.jpg

ここの紅葉たちもすごい。

PC084739-12.jpg

普段はあまり入らないのですが、

PC084751-12.jpg

あまりの色彩の素敵さに、眠っていらっしゃる方たちに頭を下げながら、写真を撮らせていただきました。

PC080889-12.jpg

ようやく、高い木には日が当たってきて、

PC080895-12.jpg

紅葉が本当に燃えるようです。

PC080897-12.jpg

ファインダーから覗くと、木々のシルエットたちがとても良いアクセント。

PC080900-12.jpg

じぶんの写真ではこの感覚が伝えられないのがもどかしいです。

PC080911-12.jpg

紅葉の、

PC080917-12.jpg

朝の光と紅葉の色彩の大きな広がり、このときだけの空間がそこにはありました。

京都の紅葉とは違った、やはり鎌倉らしい、色彩だな。

京都はもみじの葉っぱ一枚一枚まで優しくてとても繊細さを感じましたが、鎌倉の紅葉はもっと荒削りですが潔さのある色彩だと思いました。

PC080918-12.jpg

甲乙付けがたいです。

でも、この日の紅葉に出会えたこと、脳内メモリにしっかりと永久保管しました 。

PC084788-12.jpg

Walkmanには、最近HMV から届いた3枚のうちから、Michel Tilson Thomas & San Francisco Symphony
" Beethoven Symphony No.7 " を連れて行きました。

ちなみにクラシックはこれ一枚で他の二枚は
Nora Jones " come way with me "
Karen Souza " Hotel Souza "
という、歌姫の二枚です。秋の夜長にお酒を飲みながら聴くのに良さそうです。機会があればまたご紹介します。

PC084827-12.jpg

マイケル・ティルソン・トーマス、好きな指揮者です。

学生の頃、チャイコフスキーの交響曲第一番「冬の日の幻想」を聴いてからとても好きになりました。

最近ではマーラーの交響曲全集を録音してくれましたが、これもとても気に入っています。
特に6番はこの曲の中で、じぶんが一番大切にしている一枚です。何度聴いても、背中がぞくっとするほど素晴らしい演奏。

PC080922-12.jpg

このあとの録音ではベートーベンが何枚か出てきているので、もしかすると全集になるのかもしれません。
確か、2度目のベト全集になるはずです、楽しみ ♪

PC080935-12.jpg

円覚寺、ここ東慶寺とも、ずーっとティルソン・トーマスの " ベト7番 " を聴いていました。

第7番はベートーベンの交響曲の中でもリズミカルで軽快な曲。そう言えば、「のだめカンタービレ」でもオープニングに使われていましたね。ベートーベン41~42歳くらいに作られた作品。5番や6番と言う実験的? な交響曲から古典派に立ち返ったような作品だと思います。

4つの楽章とも特徴があって魅力的ですが、特に4楽章はスタートの弦楽器とティンパニーでハートをわしづかみにされてしまいます。

PC080938-12.jpg

何度も聴きながら、知らず知らずのうちに腕で拍子をとりメロディローを口ずさんでいました。
そばを通り過ぎる人、皆さん変なおじさん? と思ったことでしょう・・・ ^^;

PC084867-12.jpg

でも、ティルソン・トーマスのベト7 素晴らしい演奏だと思いました。

7番はカルロス・クライバーとバイエルンの「シュトルム‐ウント‐ドラング」のすごい演奏があって、今までそればかりを聴いていました。
ティルソン・トーマス、
これとはまたぜんぜん違った演奏ですが、リズミカル、軽快、「疾風怒涛」ではないですが、そう、真っ白なスポーツカーがアウトバーンを疾駆していくような、そんな感じがしました。

聴いていて、スマート、かっこ良くて、何よりもとっても気持ちよい演奏です。

気に入りました。

PC080969-12.jpg

芸術の秋、音楽の秋

PC084886-12.jpg

夏の頃は色々と聴いていましたが、なぜか秋になった途端、

Beethoven や Mahler 、Brahms が聞きたくなってきました。 純粋クラシック? への回帰?

PC080991-12.jpg

まだまだ、HMVからたくさんCD が届く予定です ^^; パーヴォ・ヤルヴィのシューマンの交響曲も楽しみです。

飲んだときの、HMV 、危険ですが、でも、新譜もあるので、それはそれで楽しみ。昔から、本とCD は別腹でした。
一時、小遣いがなくなるので・・・、でも他のものとは違う気がします。

PC080976-12.jpg

枕元作戦で? 駆け込み紅葉狩り、滑り込みセーフ? でした。

もう少し早く訪れていればとも思いましたが、素敵な銀杏の黄色の色彩も見ることができたし、北鎌倉の紅葉、十分と楽しむことが出来ました。

PC081020-12.jpg

もう一箇所、できれば行きたいところがあります。
どうだろう? 遅いかな?

でも、行ってみないで後悔するよりは、行って残念って思った方が良いですね。
来週、天気だったら、出かけてみたいと思います。Walkman には何を入れていこうか?

PC081023-12.jpg

お香少なくなったので昨日ショップで買ってきました。

すると、「2013年のカレンダーが出来ましたよ」とショップの女性から。昨日からちょうど発売したそうです。
覚えのある東慶寺の花々のカレンダーです。もちろん、一つ頂いてきました。

PC091026-12.jpg

これで、東慶寺の花暦、来年は忘れずに写真を撮りにいけます。

寒いですね、ぼくも風邪をひいて一日休んでしまいました。変なウィルスも流行っているみたいです。どうぞ皆さん、せっかくの年末、クリスマスもあるし楽しいことがたくさんです。
体調には十分お気を付け下さい。

" 2012/12/07 Kitakamakura Tokeiji & Michel Tilson Thomas Beethoven Symphony No.7 "
nice!(150)  コメント(84)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

横浜みなとみらい&Eagles Wasted Time _サッポロビール白穂乃香:20121125 [横浜街歩き]

3連休が好きです。

PB250389-14.jpg

休みでも、
特に土曜日は寝ていようと思っても、目覚し時計も鳴らないのに、いつもの時間に目が覚めてしまいます。

恐るべし、人類の体内時計。 

PB250392-12.jpg

それでも、3連休の3日目となると、ゆっくり。  

目覚めの時間は、こころの時間也。

のんびりと目覚めた休みには、横浜みなとみらい。広くて開放的で、お洒落な景色。
我街、横浜。

PB250397-12.jpg

11月25日。 Walkman には Eagles のアルバム。 " Hotel California " 。

遅く起きた午後、美味しいビールが飲みたくて出かけました。

PB250405-12.jpg

秋だけれど、Eagles 。

" Wasted Time "   良い曲、好きです。

Well baby, there you stand
With your little head, down in your hand
Oh, my God, you can't believe It's happening again
your baby's gone, and you're all alone and it looks like the end.

And you're back out on the street.
And you're tryin' to remember.
How will you start it over?
You don't know if you can.
You don't care much for a stranger's touch,
but you can't hold your man.

You never thought you'd be alone this far down the line
And I know what's been on your mind
You're afraid it's all been wasted time

The autumn leaves have got you thinking
about the first time that you fell
You didn't love the boy too much,
no, no you just loved the boy too well, for two well
So you live from day to day,
and you dream about tomorrow, oh.

PB250420-12.jpg

秋もビールの美味しい季節。

サッポロビール「白穂乃香」をコレットマーレの AMERICAN HOUSE BAR&GRILL さんで頂きました。
このお店からの景色最高です。

白穂乃香、お店でしか飲めないビール。

無濾過、 活きた酵母そのまま。
あのサッポロビールさんがこだわり抜いて作り上げた最高品質のビール。
どのお店でも「Shirohonoka」のロゴ入りの専用グラスでの提供と言うこだわりの一品。

いつもながら、おいしかった。乳白色のにごり、独特の深みとまろやかさ。そして、視覚的にも美味しいビールです。

PB250415-12.jpg

もちろん、一杯ではなくて二杯頂きました。

PB250453-14.jpg

ほろ酔い気分。

横浜の夕暮れ。

PB250451-22.jpg

気持ちよい風。

PB250450-22.jpg

黄金色の街路樹。

横浜の晩秋、素敵な色彩たち。

今年もあとわずかですね。
色々なことのあった2012年。

いろいろなことが黄金色の色の中に、長い夕陽のシルエットの中に溶け込んでいきます。

見ているぼくの心に。

PB250445-22.jpg

この季節、

この時間、

この街。

かけがえのない一時。

So you can get on with your search, baby,
and I can get on with mine And maybe
someday we will find,
that it wasn't really wasted time
Mm,hm Oh hoo, ooh, ohh, Ooh,ooh, mm


" 2012/11/25 Yokohama Minatomirai & Shirohonoka & Eagles Wasted Time "
nice!(156)  コメント(79)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感